自社製品を購入する際の割引

市販品を割安価格で購入できる

食品や化粧品など、市販されている商品を製造している工場では、その商品の一部を購入できる場合があります。そして、福利厚生の一環として、定価よりも割安で購入できるようになっていることが多いです。日常的に使用する製品であれば、その割引を活用すれば、家計の助けになります。そのため、工場の求人を選ぶ際には、自社製品の割引を条件に加えるというのもひとつの手です。 工場にとって、従業員が自社製品を使用するというのは、宣伝に繋がります。工場で働く人の中には、プライベートでは自社製品を購入しないという人もいます。けれど、そのような人でも、福利厚生で割引されるのであれば、購入する可能性が高くなります。そのため、従業員に自社製品を購入させて、宣伝にする目的で、福利厚生で割引をする場合もあります。ただ、安く購入できるのは事実なので、働く人にとってもメリットであることには違いありません。

訳あり品を安く買える場合も

工場では、使用する分には特に問題はないけれども、商品として流通させることはできない、いわゆる訳あり品が出てしまいます。その訳あり品を、大幅に値下げされた価格で購入できるパターンもあります。商品として使用することができないため、訳あり品はそのままでは廃棄してしまわなければなりません。ただ、産業廃棄物として処分する場合、費用が発生します。そこで、割安価格であっても従業員が購入すれば、処分費用がかからない上にプラスになります。そのような理由で、訳あり品を購入できます。

一般の人が訳あり品を市販できないのは、企業や商品のイメージが崩れるのを防ぐためです。しかし、工場で裏側を知っている従業員に対しては、そのイメージを守る必要がありません。したがって、従業員であれば、訳あり品を購入できるわけです。