食事に関する福利厚生

大手企業の工場は無料で社員食堂を利用できるところもある

工場で快適に働きたい場合には、給料や勤務シフト、年間休日数を確認するだけでなく、それぞれの工場独自の福利厚生に注目することも大切です。たとえば、全国各地に多数の工場を経営している大手企業の中には、スタッフの定着率アップや新規採用者の増加などを目的として、社員食堂を無料で利用できるようにしているところも少なくありません。また、管理栄養士や調理師など専門のスタッフを配置して、栄養バランスのとれた食事の献立を考えたり、調理法に工夫をしたりしているところもあり、年齢や性別にかかわらず多くの求職者から人気が集まっています。そうした中、各地の工場の社員食堂の利用をはじめとした従業員にとって魅力のある福利厚生について詳しく知りたい場合は、工場見学や就職相談会などのチャンスを上手く利用することが大事です。

寮生活者の食費負担や食事手当を支給している工場も増えている

工場の食事に関する福利厚生の内容や充実度は、それぞれの工場を運営する企業の経営状態や社員数などによって大きな違いが見られます。最近では、福利厚生の一環として、社員寮で生活をしている正社員や期間工を対象に毎月の食費の負担をしたり、自宅から通勤をしている従業員に食事手当を支給したりしている工場も増えています。こうした福利厚生の利用条件は、雇用形態や出勤日数、日々の勤務時間などにも関わってくるため、職場選びをする際に気になる工場の特徴をよく理解することが大切です。その他、勤続年数が長い人や、責任のあるポストに就いている人に限定した福利厚生を用意している工場もあるため、将来を見据えて勤務先を選ぶと良いでしょう。